看護師


























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/


























































マイナビ看護師転職求人

勤務している職場に種々のストレスを抱き転職の道を選択する看護師はいっぱいいます。どこの働き先においても同一のビジョンや環境の所はありませんから、とりあえず職場を変え新しく出直すのもいいかと思います。
いざ転職の成功をかなえるためには、内部における人間関係や全体の環境といった部分がカギと申し上げても決して大げさな言い方ではありません。それらの点も看護師求人・転職サイトは頼みになるリソースといえます。
現場から離れて、もう一度就職を希望しているというような時は、看護師としてこれまでに積み上げた実績や経歴を十分に述べて、あなたの強みといえる分野などを十分に分かってもらうことが一番大切だと言えます。
看護師対象の求人・転職であれば、基本的に支度金プラス支援金・お祝い金が支給される求人情報サイトが便利です。折角こんなサポート制度がございますのに、何もない求人サイトを使うなどというのは100%損ですよ。
看護師業界の最新の就職実態について、特別認識しているのは、転職・就職支援・情報サイトのアドバイザースタッフです。連日、再就職&転職を目指している現役の看護師に応対していますし、病院の医療関係者と時間を作って内々の情報を得ています。
昔から看護師は「きつい夜勤は給料が高くないとできない」とまで言われてきた通り、深夜勤務を多くすることが手っ取り早く年収をアップしてもらうための方法と認識していましたけど、今日ではそれは当てはまらないとのことです
本音で言えば、年収や給料があまりにも安すぎるといったようなネガティブ思考は、転職を行って消し去ることができる場合もあります。手始めに看護師の転職の専任アドバイザーと面談することをお勧めします。
一般的に1000人を超えるような大きい規模の医療施設などに勤務している准看護師の年収の平均水準は、約500万くらいだと聞いております。このデータについては実務年月の長さが多い人が勤務している現状も考慮されているのだといわれています。
事実給料とか待遇面などが、看護師専門求人・転職情報サイトごとで開きがあることもしばしばです。そのためいくつかのサイトに申込を行って、照らし合わせながら転職活動を進めていったほうが効率的だと思います。
実を言えば、臨時職員の求人募集をしょっちゅう出す病院に関しては、「臨時職員でもなんでも役に立てばOK」ととにかく人材を寄せ集めしようとしているというのが否定できません。その反対に正社員の扱いで募集を告知している医療施設につきましては入職した後も看護師の定着率の割合が高止まりしていると断言できます。
多くの好条件の求人は、非公開で求人を実行しています。そういった非公開の求人を確認するには、看護師専門求人サイトを使えば獲得することができます。使用料金は全くかかりません。
看護師を専門に取り扱う転職アドバイザーに頼るのが、第一に速やかに転職が行えるやり方だといえるでしょう。経験豊かな担当者が交渉してくれるから、トータルの年収につきましても多くなることになると思います。
看護師業界の募集、転職案件のリサーチの仕方及び募集内容の詳細事項、面接日の対応手段から交渉の仕方まで、誠心誠意をモットーに専任キャリアアドバイザーが十分に支援します。
現在の看護師の就職に至った割合の数値は、実際100%となっています。看護師になる人の数が足りないということが問題視されている事態が、そのような信じがたい数値を表すことになっているというのは、すぐに判断できます。
ここ何年か景気が悪い状態が継続中ですが、事実看護師の世界においてはほとんど世の中の不景気のダメージが及ぶことなく、年中求人案件は多数存在し、自分にベストな勤務先を探して転職するという看護師さんが沢山存在します。