マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/






















看護師募集ブランク10年

看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。看護職の募集は、職業安定所や求人情報誌には出てこない案件も珍しくありません。その点、看護専門のオンライン求人サービスには、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。
こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションを間に入って話してくれる場合もあります。看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金を出してくれるサイトがあります。
転職するだけなのにお金をもらえるのは嬉しくなりますよね。

 

しかし、祝い金を受け取るための条件がないことは少ないので、申し込みの前に確認をしておくようにする方が損しませんね。また、祝い金を出してくれないところの方がその他のサービスが充実している場合もあります。看護師であっても転職している回数が少なくないと不利に働くのかというと、必ずそうだとは言うことができません。

 

自己PRの方法を工夫すれば、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージを持ってもらうことも可能です。
しかし、勤務の期間があまりにも短いと、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が高いでしょう。
結婚の時に転職をする看護師もかなりの数います。配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を選択した方がいいでしょう。

 

いつか育児をしたいと考えているのなら、結婚すると同時に、時間に余裕のある仕事へと転職をすると生活しやすいですね。イライラが溜まっていると子どもを授かりにくくなるので、要注意です。

 

 

 

看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、勤労条件についての要望を始めにリストアップするのがよいでしょう。

 

ナイトナースはできない、休みの日が減るのは困る、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、個人個人で仕事への要望は異なります。

 

 

ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、不満がたまるような勤め先で辛さに耐え続けることはありません。看護職の人がジョブチェンジする動機としては、看護技術をさらに磨きたい等、意欲的なものにすると好印象です。

 

 

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、負の動機であった場合、わざわざ株を下げることになります。たとえ本音がそうだとしてもストレートに伝えることはないですから、ポジティブな印象を与える応募動機を告げるようにして下さい。看護師の転職しようとする動機としては、人間関係といった人が多くいます。女の人が多くいる仕事ですし、ストレスが多くあることもあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

 

人によっては、イジメやパワハラが転職しようとする発端となる人も少なくありません。

 

 

ひどい環境を我慢して働くと、健康を損ないますから、早く転職することをお勧めします。看護職の人がジョブチェンジするやり方は、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが多数派になってきました。
看護職員にフォーカスしたウェブの求人サポートの利点を生かせば、支払いは発生しませんし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を閲覧できます。職場を変えた結果に満足出来るようにする為には、リサーチが重要ですので、違う職場を見てみたいと思ったら早速会員になりましょう。育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、外が明るい時間帯のみの勤務ができたり、休みの日が多い職場で働いたりすることが良いでしょう。
子育ての大変な時期だけ看護師を辞めるという人もかなりいますが、お金がないと子育てに困りますので、できれば看護師の資格を活かすことのできる仕事を探してみましょう。看護職員の方が仕事場を変える時にも、面接対策は欠かせません。

 

 

面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員不足であるにもかかわらず落とされることもあるでしょう。言うまでもありませんが、勤労条件が高い水準にある勤め先だとエントリーの数も増えるため、気を抜かないで万全を期し面接試験に行くようにしてください。
身だしなみを整えきちんとした格好をして、明朗快活に返答するように心がけましょう。
看護師が転職を考える時に、違う職種へ転職しようと思う人も少なからずいるでしょう。けれど、一生懸命に看護師資格を得たのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。かなり異なる職種であっても、有利となる職場は非常に多いです。大変な思いをして取れた資格なのですから、利用しないのは損です。将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も存在します。

 

 

スキルを高めることで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を探すのは大事なことです。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特養が合うという人も存在するので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。

 

看護師が転職する時のポイントは、次の仕事を決めてからやめるのが良いですね。

 

 

 

加えて、3ヶ月程掛けてじっくりと転職先を探したほうが良いでしょう。急いで決めた仕事だと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望する条件に適した仕事をしっかりと見つけるようにしましょう。

 

以上から、自らの希望の条件を明確にしておきましょう。看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望理由です。

 

 

どういう理由でその勤務先を希望しているのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが採用条件で選んだと見られるよりは、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、前向きな理由付けの方が好まれ、パスしやすくなるでしょう。看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、具体的には1月、6月がオススメです。看護職は慢性的に人が足りず仕事はいくらでもあるとはいえ、雇用の条件に恵まれたところを見落とさないように、ジョブチェンジには3ヶ月くらい時間をかけて、落ち着いて情報収集するのが安心です。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで控えるのがよいでしょう。