マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/




ナースフル



とらばーゆ、タウンワーク、リクナビ等で年間100万人以上
の転職を支援のリクルートが運営

首都圏/関西/東海/九州エリアの求人に強く
上京サポートも充実



ナースフル 詳細はこちら



https://nurseful.jp/




看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/





看護師募集サイトランキング

病院などで働く看護専門職が違う仕事先へ変わる際のミスマッチを避けるためには、はじめにどのような労働条件を求めているかを言語化できるようにしておきたいものです。ナイトナースはできない、休みの日が減るのは困る、人が亡くなるのは仕事であっても見たくないなど、望む職場環境は人それぞれです。

 

看護スタッフの離職率の高さから補充したいところはいくらでもありますから、条件のそぐわない勤務先で頑張り続けることはありません。

 

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、昔とは違って、ウェブを介す方法がメジャーとされるようになってきています。

 

看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスに相談すれば、金銭的な負担もなく、どこにいても好きな時に募集案件を確認することができるのです。

 

 

華麗なる転身のためには、様々な角度から調査することが要となりますので、転身したいと思ったなら、まずは入会してみてください。

 

看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが志願の根拠です。

 

どういう訳でその勤務場を選んだのかを好感をもってもらえるように表すのは容易ではありません。

 

高給料であるとか、休みがちゃんと取れるというのは実際には判断要素になりますがそうした好待遇にフォーカスするより、ナースとしてスキルアップしたいといった、やる気を印象付ける言い方をしたほうが採用に結びつきやすいと思います。

 

一般的に看護師が転職する要因は、人間関係が難しいからという人がたくさんいます。
女の人が多くいる仕事ですし、イライラが多くなりがちであり、人間関係を面倒と感じる人がかなりの数いるでしょう。その中には、パワハラ・いじめが転職する動機となってしまう人もいます。

 

厳しい環境の中で無理して働いていると、体を悪くしてしまうので、早く転職することをお勧めします。

 

結婚のタイミングで転職してしまう看護師も非常に多くいます。
パートナーとうまくいかなくて離婚するよりは、転職を考える方がいいと思います。今後、育児を行っていく気があるのなら結婚の際に、時間に融通の利く仕事に転職をしてしまうのが良いと思います。

 

ストレスが多くあると妊娠しにくくなりやすいので、注意しましょう。

 

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。

 

特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、働く日の少ない仕事だったりが良いですよね。育児に専念する間のみ看護師をやめるという人もたくさんいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を有効利用できる別の職を探してみましょう。
やはり、看護師の場合であっても転職が何回もあると不利に働くのかというと、そうであるとは言い切れません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲が高くて経験が豊富にあるというイメージをつけることもできますね。そうは言っても、勤務期間が短過ぎてしまうと、採用後、すぐやめると思ってしまう可能性が高いでしょう。

 

 

 

キャリアアップを考えて転職を検討する看護師も少なくありません。
看護師の能力を向上させることで、収入を増やすこともできるでしょう。看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分で自分にピッタリな職場を検討することは必要でしょう。
内科の外来が適しているという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、自ら進んで転職していくのもアリですね。
看護師として働く人が転職しようとする時、異なる職種に転職したいと思う人も多くいます。

 

 

 

しかし、大変な思いをして看護師の資格を取ることができたのですから、その資格を活用できる職場を見つけた方が良いでしょう。
違った職種でも、看護師の資格が良い方向に働く職場はいくつも存在します。

 

努力して得た資格なのですから、有効に使わないのは損をしますね。

 

いわゆる看護師の人のための転職サイトの中で、お祝い金を受け取れるサイトがあります。

 

 

 

転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてラッキーですよね。けれども、祝い金を出してもらうためには条件を満たしていなければならないことが多いので、申し込みの前に確認をしておくようにしましょう。

 

 

 

それとは別に、祝い金のサービスがない転職サイトの方がその他のサービスが充実している場合もあります。

 

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。

 

 

 

面接を担当した人がネガティブなイメージを抱いてしまったら、看護職員不足であるにもかかわらず選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。雇用の条件に恵まれているところは志願者数も多く競争率があがりますので、気を抜かないで万全を期し面接試験に行くようにしてください。

 

 

 

TPOに配慮した品のある服を選んで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

ナースが仕事を変えよう思うときは、ウェブで人材紹介サイトに入会するのも有効です。

 

 

 

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには表に出ていないものもたくさんあります。しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、通常は見られない募集案件が紹介されていることに加え、ある程度、働く人たちの傾向をつかむこと等も可能です。なんとなく言うのが憚られる労働条件の相談を依頼することも可能です。いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、だいたいが賞与支給を待って職場を離れる傾向にありますので、6月、1月あたりが狙い目です。
実際に看護スタッフを補充したいところはいくらでもありますが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、次の勤め先に移るまで3ヶ月程の期間を設けて、熟慮していくのがよいです。1日でも早く別な勤務先に行きたいといった状態でないなら、人材募集が増加してくるタイミングまで様子を見るのがベターです。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。たとえ事実であったとしても、元の仕事で人との関わりが辛かったとか、待遇が良くなかったといった、デメリットがきっかけだと先方に伝わると、相手側の心証を悪くしてしまいます。それがいくら事実であろうと真意は胸の内だけでよいので、建設的にキャリアを積もうとしているということを述べるようにして下さい。
看護師が転職する時のポイントは、新しい仕事を見つけてから辞めたほうが良いでしょう。更に、3ヶ月は利用して念入りに確認しながら次の職場を見つけましょう。先走って次の仕事へ行くと、次も辞めなければならなくなることもあるので、希望の条件に合う仕事を丁寧に探しましょう。
その事から、自分の希望する条件を明確にしておきましょう。