マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/






















看護師求人サイト比較研究所net

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。

 

 

面接担当者に嫌われると、看護職員不足であるにもかかわらずご縁がなかったということにもなるのです。

 

良い雇用環境と思われる仕事場は志望する人もそれだけ集まりやすいということですので、気を抜かないで万全を期し採用面接に向かうことが大切です。身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

専門職である看護師として働いている人が転職を考える際でも、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。
けれども、努力して看護師の資格を取得したわけですから、その資格を活かすことのできる仕事を探したほうが良いでしょう。
違った職種でも、看護師の資格がプラスにはたらく仕事は少なくありません。
頑張って得ることのできた資格ですから、活かさないのはもったいありません。看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、キャリア開発としておくのが賢明です。

 

以前の上司や同僚ととそりが合わなかったとか、不利な条件で働いていた等々、マイナス要素をあげてしまうと、わざわざ株を下げることになります。実態としてはその通りだったとしても律儀に知らせなくても問題はないため、未来志向であることを印象付ける志望理由を告げるようにして下さい。
看護スタッフが別な勤務先へ移る方策についてですが、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが大部分となってきました。
ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、出費もありませんし、空いた時間などにネットができればどこででも、タイムリーに就職情報を検討することも可能です。

 

よいジョブチェンジを実現するには、リサーチが重要ですので、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。

 

看護職の人がよりマッチした仕事を探すなら、最初に希望する給与や労働時間、保険、休暇等の条件を言語化できるようにしておきたいものです。

 

 

 

泊まりでの勤務は荷が重い、充分な休みが欲しい、できればお看取りの場は避けたい等、リクエストには個性があります。

 

今の日本ではナースの手が足りない職場はたくさんありますので、合わないと思われる仕事場で辛さに耐え続けることはありません。看護専門職が違う職場に変わろうとした時、多くの人が壁に当たってしまうのが応募理由です。

 

 

どういう訳でその勤務場を選んだのかを肯定的な雰囲気で表明するのは容易ではありません。

 

 

 

たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとか待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、ナースとしてスキルアップしたいといった、やる気を印象付ける言い方をしたほうがパスしやすくなるでしょう。

 

 

それに、結婚する際に転職を検討する看護師もかなりの数います。
配偶者とすれ違いが起きて離婚してしまうよりは、転職を考える方がいいと思います。

 

いずれ育児をする気であれば、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をすると生活しやすいですね。
イライラが溜まっていると子どもがなかなかできなくなってしまうので、注意するようにしてください。

 

看護師の転職の技としては、やめる前に新たな職場を探しておいたほうが良いでしょう。

 

そして、3ヶ月は使って丁寧に次の仕事を見つけるようにしましょう。
気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、またしても辞めざるを得ない場合も出るので、希望の条件に合う仕事を念入りにチェックしましょう。
このため、自らの条件をクリアにしておきましょう。
看護職員の方が仕事で転機だと感じたら、オンラインの求人マッチングサイトを使うのもお勧めです。ナース向けの仕事紹介は、職安や求人雑誌には表に出ていないものも少なくありません。

 

その点、看護専門のオンライン求人サービスには、クローズド案件の就職情報を流してくれる以外にも、気になる組織風土などが確認できたりします。

 

こちらからは触れにくい契約内容のネゴシエーションをお願いできる所も少なくありません。看護師の転職しようとする動機としては、人間関係がうまくいかないことなのが少なくないです。女の人が大半を占める職場ですし、ストレスの蓄積しやすいこともあって、人間関係が嫌だと思う人はなかなかの数いるでしょう。

 

 

その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する理由という人も存在します。

 

厳しい環境の中で無理して働いていると、体調不良になりやすいですので、早いうちに転職した方が吉です。

 

看護師で、育児を優先させるために転職する人もかなりいます。特に看護師の場合には子育てと仕事とを両立させるのが大変なので、夕方までの時間帯のみ働けたり、働く日の少ない仕事だったりが探せると良いと思います。育児の間のみ看護師をお休みするという人も多くいますが、育児をするにはお金がなくてはならないので、看護師の資格を無駄にしない転職先を見つけた方がいいでしょう。

 

看護師であっても転職している回数が少なくないと悪いイメージにつながるかというと、そうであるとは言い切れません。自己PRの方法を工夫すれば、意欲的で経験を持っているというイメージを持ってもらうことも可能です。

 

しかし、勤務の期間が短過ぎてしまうと、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまうこともありえるでしょう。

 

 

看護師のためだけにある転職サイトの中には、祝い金をもらえるサイトが存在します。転職してお金を受け取れるなんて得した気分ですよね。そうは言っても、お祝い金をもらうためには条件がほとんどの場合にありますから、チェックを事前にきちんとしておくようにする方が損しませんね。
それに、お祝い金がもらえないサイトの方が充実のサービスな場合があります。看護職員の方が仕事場を変えるのに丁度よい頃合いとしては、多くの人が夏季・冬季手当が入ってから離職するので、6月中、あるいは1月中に照準を合わせるとよいでしょう。ナースの手が足りない職場はたくさんありますが、より良い雇用環境に就くためにも、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、腰を据えてリサーチした方がリスクは少ないです。緊急で職場を変わらなければならない情況でなければ、たくさんの求人オファーが出てくる時機まで静観することを推奨します。
将来を見据え、キャリアアップのため、転職をする看護師も少なくありません。

 

看護師の能力を向上させることで、収入を増やすことも目指せるでしょう。
看護師の担う仕事は職場毎に違っているため、自分がぴったりだと感じるところを見つけられるといいですね。

 

自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームが合う人もいるので、前向きに転職していくのもいいかもしれませんね。