看護師


























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/


























































看護師 楽な診療科 転職相談

介護・養護施設などなど、医療機関とは異なる新たな就職先を候補に入れることも一つの道でしょう。看護師の転職はあきらめずに、常にプラス思考で取り組みましょう。
転職の成功については、内部の皆さんの対人関係の実態・雰囲気というような点が大きな鍵と言っても問題ないと思います。様々な事柄も看護師求人・転職サイトは大変役に立つ情報の源なのです。
超高齢化社会が深刻化している現在において、看護師の就職先としてかなり注目を集めているといえば、福祉関連の業界であります。これら福祉施設・老人ホームなどで従事する看護師の方は、年々徐々に増えていると聞いています。
実は現役正看護師の給料に関しましては、給料の平均はおおよそ35万円、さらに賞与受給85万円、年収金額約500万円となっているようです。当たり前ですが准看護師の平均と比較してみても高いということが見られます。
転職の活動は、はじめに何からスタートすべきなのか何の予備知識もないと思っている看護師も大勢いるものだと認識しております。転職・求人支援サイトを使用することにより、プロの専任コンサルタントが転職の活動をしっかり援護してくれます。
初回登録の時に伺いました求人募集に関するいくつかの必須条件をベースにおいて、個人個人の適任性・経験・技術・知識を発揮することが出来る医療施設の看護師限定転職・求人・募集データを列挙いたします。
看護師さんの転職・求人・募集データのご提示から、転職・就職・一部雇用の採用に至るまで、看護師専門人材バンク最高12法人における頼れるプロフェッショナルの看護師転職キャリアコンシェルジュが、フリーで全面協力させていただきます。
昨今目にする動向として、人気が集まっている病院・クリニックが若干名の募集をかける場合は、看護師専用転職求人支援サイトの非公開求人設定で出すのが当然になっています。
実を言えば看護師に関しては、新入社員で入ってその後定年退職まで、長い年月同じ職場に勤め続ける方よりも、1・2回転職し、別の病院・クリニックへ移る看護師の方がたくさんいらっしゃるという報告があります。
一般的に看護師の年収は、サラリーマンの標準より高くなっており、もっと言うなら社会全体が不景気でも変わらない、それに、高齢化社会が問題になっている我が国においては、看護師の状況といったものがなくなることはないはず。
現在看護師の業種の就職率は、実際100%となっています。看護師が足りていないということが進んでいるといった状態が、この驚愕の数値を見せているというのは、すぐに判断できます。
今まで看護師は「稼ぐつもりなら夜勤をやらなければ!」と言われるように、深夜勤務を多くすることが最も短期間で年収を増やすための方策とみなされてきましたが、少し前から絶対とはいえないそうです
転職しようと考えた場合にも、取り立てて景気を考えることなく、すぐに転職口を見い出すことが可能なのは、給料面とは別に看護師においては、メリットでしょう。
ご自身にお望みの転職場所調査を、業界に精通したコンシェルジュが代行して進行してくれます。それだけでなく原則的には求人募集していない看護師の公開停止中案件という情報なども、数え切れないくらい掲載がございます。
昨今は転職の取次ぎや間で仲介を担うプロフェッショナルが揃ったエージェント会社のツールなど、インターネット上のサービスには、いろいろな看護師を専門とする転職支援・紹介サイトが存在しています。