看護師


























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/


























































看護師 辞めたい 5年目

ここ数年は世の中は不景気だと言われますが、実際看護師の世界ではほとんど世間の不景気のあおりが及ばず、いつでも求人案件は数多く存在しており、勤務条件が良い職場を探し出して転職を行う看護師たちがいっぱいいらっしゃいます。
看護師さんと言われると、基本的に女性という印象を抱きがちですが、オフィスレディより給料そのものは大分多いですから羨ましいかもしれませんね。だが、土日出勤や夜間出勤に対する手当て等も合算しての金額です。
正看護師がもらっている給料の合計金額は、1ヶ月毎の平均給料は大体35万円、かつ賞与受給85万円、合計して年収約500万円でございます。准看護師と比較するとかなり多くもらっていることが分かるはず。
ほんのちょっとでも徹底的に、及び理想的な転職活動をやっていくために、有益な看護師さんの転職サポートサイトを探し当てることが、とりあえずはじめの必須作業であるといえます。
男女そんなに給料に開きがないところが看護師の業種だと聞いております。つまり知識や能力・経験の相違により、給料に幾分か差が出ております。
巷では看護師というのは「きつい夜勤は給料が高くないとできない」と囁かれてきたとおり、夜勤に取り組むことがひときわ年収を増やすための方策と周知されておりましたが、今日ではその通りではないと考えられます
大部分の看護師は、新卒で就職後何十年以上も勤務し続けて定年で退職することになるまで、長い間同じ場所にいる人よりも、転職を行って、他の医療施設へ移動するという方がたくさんいらっしゃるという報告があります。
もしも病院の仕事内容がハードすぎるのならば、看護師の求人募集を行っているといった新しい先に変えるのもいいかと思います。まずとにかく看護師の転職については、あなた自体が余裕を持つことが出来るよう変えていくのが最もいいでしょう。
介護付き老人ホームといった先も入れて、医療施設以外の新たな就職先を候補とすることもひとつの作戦であります。看護師の転職は屈せずに、いつもアグレッシブに対処しましょう。
普通精神科においては、諸々の手当てのほか危険手当が加算されるため、比較的給料が増えます。力仕事が求められる作業内容も含まれているので、男性の看護師さんの人数の方が目につく点が特色となっています。
看護師求人&転職情報サイトは、在職率に対するデータなど、医療機関に入った後の色々なデータもアップされております。これらをしっかり確認して、やたら在職率の数値が低いといったような病院の求人には、申し込みを行わないのが賢明です。
心から転職を考えておられるのであれば、まずは最低5件程度のネットの看護師専門求人情報サイトに入会申込してみて、転職活動を実行しながら、あなた自身に合った求人条件をリサーチするようにすると良いでしょう。
基本的に看護師は、女性の職業の中では支給される給料が高い職業になります。けれども日々のライフサイクルがでたらめになることになる他、患者側よりクレームがあったり精神面で疲れやすいです。
しばしば仕事場にあらゆる嫌悪感を理由に転職に踏み切る看護師は多いようです。現場も各々同一のやり方や環境の所はないものですので、根本の仕事場を変え新しく転機をはかることもお勧めします。
大よそ看護師のお給料は、完全にとは宣言できかねますが、男性・女性両者同じ程度で給料が決められている事例がほとんどであり、性別によって大きい差が見られないという点が実情であります。